読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き恥ニーチェ

元気な根暗

痛みと共に世界平和について考える

日記

 

同居人のブラジル人が滅茶苦茶寝る。

10時に寝て7時に起きる。

それだけでも十分だと思うのに、更に昼寝とかする。

彼女は長生きすると思う。

 

 

それはそうとして、つい先日クラスメイトとタイ料理のレストランに行った。

一人のタイ人に引き連れられて、韓国人3人と日本人2人でタイ文化体験。

 

「ンディビュデュ」みたいな発音すらできない名前の料理が次々運ばれてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滅茶苦茶辛い。舌が焼ける。

辛い食べ物が特別苦手というわけではないんだけど、特別得意なわけではない日本人にとって、タイフーズは刺激が過ぎた。

 

顔を真っ赤にしながら食べる日本人二人をよそに、韓国人三人とタイ人が涼しい顔して食べていた。

タイ人が普通なのはいいとして、おい、韓国人。

シンプルに国民性をちらつかせるのね。

韓国人が辛いの平気なのは神話じゃなかったのね。

 

辛くて苦しんでる日本人が圧倒的少数派だったからなんかこっちがおかしいみたいになってすんごい笑われた。ふざけんな世界的に見たらそっちが異常だかんな。

 

まあでも辛くない料理もその後運ばれてきて、お腹を満たすことができました。

(料理名は一つも聞き取れなかった。)

 

 

料理を食べながらお互いの言葉を教え合って、それぞれヘタクソなハングル、タイ語、日本語を喋ったり、お互いの英語のイントネーションの違いを真似したりして笑いあってて、ここに世界平和の答えあり、とでも言わんばかりだった。

 

確かに、言葉は通じなくても心は通じ得るし、他にコミュニケーションをとる方法なんていくらでもある。

でもそれはお互いに好意的な気持ちを持っているときにのみ成立するものであって、例えばお互いを敵視し合っている時は分かり合えないことが多い。

 

同じ言語を共有することは、少なからずそこに、国籍にも似た同族意識を感じるきっかけになるし、それは時間を共有することと同じくらい価値を持つことだと思う。

 

そこに、共通言語を学ぶ意義があるんじゃないかなと思った。

 

日本にいるとあまり感じられないけど、韓国人の話や意識を聞いたりすると、民族同士の敵対とか政治不安とか、十分に発展してるとされている国でさえ抱えてる問題は大きいんだなあと。

そりゃシリアの方はもっと荒れるはずだわと。

 

 

激辛料理で傷ついた舌の痛みを抱えながら、そんなことを考えていました。

 

 

嫌悪感を感じる時

日記

なんてこった。とんでもないことが起こった。

前代未聞、空前絶後の大事件だ。

 

ブログのネタを探すためにわざわざニューヨークまで来たのに、勉強で忙しくてブログを書く時間が無くなってしまった。

 

前回記事を書いたのは3月7日。

それからもう既に20日ほど経ってしまっている。

由々しき事態。如何ともすべき事態。

 

ということで久しぶりに筆をとったのだが。

 

 

 

 

あ~~~~~はやく日本帰りたい

 

 

 

回転ずし食べたい。こっちにも寿司はたくさんあるんだけど。

いやもうほんとにたくさん。ピザよりあるんじゃないかってくらい。

NYでの寿司の台頭がえげつない。

 

でもその寿司らしきものは全然寿司じゃないんだ。

ほぼほぼの寿司とやらが、カリフォルニアロールと呼ぶことを推奨したいくらいに巻かれている。

巻かれてるし、オレンジのソースかかってるし、胡椒とかもすごい。

たんま~にちゃんと寿司らしい姿かたちをした寿司を見るけど、九割九分酢飯じゃない。

酢飯じゃないと寿司じゃないやろふざけんなサーモンしか売ってないし。

唯一ちゃんとした寿司が売ってたのは、やたらたっかい高級スーパーみたいなとこだけ。

 

うひひひひひ~~~~

はやく日本に帰ってやっすいうに軍艦と軍艦巻きがたべたいよ~~ん

 

 

と、ここまでが導入。

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

導入が長くなってしまったので本文は簡潔にいきます。

 

人が人に嫌悪感を感じる時って、過去の醜い自分とか、自分が普段意識的に押し込んでいる自分の本質をその人に見る時なのかなあって思う。

 

人に負の感情を持った時は、なぜ自分が嫌悪感を感じたか冷静に振り返るようにしてるんだけど、そういう時って大体自分と少し似ているけど、自分が普段絶対にそうならないようにしようと努めていることをその人がしている。

 

自分とまったく違う次元にいる人に関して、人はそんなに嫌悪感を抱かないんじゃないかなって。

それはむしろもっと遠い、疎外感とか距離感になるのかなって。

 

 

なんとなくそう思いました。

人にもよるのかな。

 

 

 

seeeeeee yoooooooooouuuuuuu

 

凄くて怖いNY

 

やっぱNYは凄い。

来るだけでなんか全部かっこよくなる。

f:id:noza-nora-sr:20170306122909j:plain

まず、宿に着いて荷物をほどき、ちょっと散策しようと外に出た途端に軽く迷子になった。

 

そりゃそうだ。

普段自宅から離れず、離れる時は片時も離さずハイテクマップを手にしている人が、途端に知らない土地の、慣れない言語であふれる場所に、電波を受信しない鉄の塊を持って丸腰で向かうのだ。

迷うにきまっている。何故警戒心を持たず、注意力もいつも通りに歩き出したのか。

 

しかしここで発揮されるNY力。

 

「迷子になった。」

この言葉のパワーはせいぜい6程度。

頭の弱そうな印象を一気に与える。

 

だがここで、

「ニューヨークで迷子になった。」

にするとどうだろう。

パワーは62程までアップする。

 

 

微妙なパワーアップではあるが数値の上昇は明らかである。

だが依然として馬鹿っぽい。

 

 

 

次に、昨日も言ったがNYはとても怖いところである。

 

基本的にスタバが、自販機かってくらい乱立しているのでとりあえず入ってみることにしたのだが。

エスプレッソのソロを頼んだところ、平然とした顔でダブルを渡された。

 

屋台では、スーパーが近くにないか尋ねたところ、

「ソースはかけるかい?おっとこれはちょっとスパイシーだよ!どうする!?」

と陽気且つ力強く聞き返された。

 

屋台の兄ちゃんを諦めて、セブンイレブンで人の良さそうなおっちゃんに尋ねようとしたとろこ

「そのスタバ、どこで買ったんだい!」

 ど先手を取られた。

 

なんてこったい。セブンを出て右手にも左手にも正面にもあるっていうのに。

 

NYには、Japaneseにスーパーの場所を尋ねさせない大きな力が働いている。

 

 

それ故に、私はついにスーパーの居場所を知ることができず、Day1の晩餐はこれであった。

f:id:noza-nora-sr:20170306124624j:plain

心の暗さが写真の暗さに表れている、実に芸術的な1枚となった。

 

明日は美味しいご飯が食べられますように。

 

good night

ブログに書くネタが無いので

 

ニューヨークに来てみた。

f:id:noza-nora-sr:20170305132015j:plain

そうNYC、New York Cityである。

ニューヨークってニューヨーク州らしいよ。みんな結構知らないんだけど。

私も知らなかったんだけど。

 

ここ一か月、日常生活が

食って寝る!食って寝る!飲む!寝る!

のリズムで、特筆すべきことが無くブログも更新できなかったので。

 

こんな調子ではいけないぞと思い、ブログの中身を探すために、大学生の途方もなく長い冬休みを利用してニューヨークで一か月留学することにした。

 

だがしかし、NYはとても怖いところであった。

 

3月4日の16:30に成田空港から飛び立ちフライトすること約12時間。

スマホも完全にオフの状態で、12時間。

16時なんてまだ夕方なんで、いつまで経っても夜にならない中、12時間。

 

これでもかというほど3月4日を体感させられ米国に到着すると

 

 

 

 

 

3月4日の14:30

 

オーマイゴッド、どういうことかわかるか。

 

強制的に3月4日をやり直させられるのだ。

これはとんでもない恐怖。

(日付変更線の罠)

 

必死にスーツケースを運び空港に赴き、緊張しながらも出国審査を終え、機内ではNYに関するガイドブックや新書を読んだり、映画を見ながら感想を書いて過ごしたあの3月4日の全てを否定されたかのようである。

 

それはおおよそ、怠惰に過ごした1日の終わりに母に

「あんた今日何してたの。」

と軽めに咎められることの a hundred times を優に超える恐怖。

 

あ、スマンNYなとこが出てしまった。

 

By the way, as soon as I arrived at New York, I realized that it is terribly flightful city.

I should live in such a dangerous city for a month.

I'm afraid but difinitely won't lose.

 

I'll be back.

 

 

ひゃっははははっはははwwwwwwwwwwww

 

Good night.

 

決戦!幸せなビール選手権!!

日記

 

またまた東京に三日間出稼ぎに行ってきたので、三夜使って様々なビールの飲み方を研究しました。

 

ランキング形式でお伝えします。

 

第三位「新幹線でビール」

f:id:noza-nora-sr:20170227184607j:plain

(座席が汚い)

 

前々から新幹線でビール飲むの幸せだろうなあって思っていたので、満を持して試してみた。

確かにうまい。私は乗り物に乗っている時間が好きなので尚更。

新幹線という日本最高級に絶妙で上品な揺れを誇る乗り物に揺られながら飲むビールは絶品。

売店で一目ぼれしたクリームチーズ生ハム包みをつまみにサッポロビールを飲んでいると、気分はブルジョワジー

なんといってもこのなんとも言えない背徳感がたまらない。(なんといってねえ)

いや、別に悪いことはしていないのだけど、電車の車両という、あまりアルコールを感じない場所で飲むビールは、なんか悪いことしている気もしてロックな気分になる。

 

ただ、二十歳の女子がこれをやっていると結構見られる(気がする)

サラリーマンとかがやってたらすごく風景になじむと思うんだけど。

なんか服装もストリートな感じだったからなじめてなかった感がすごかった(気がする)

たぶん気がしてただけなんだけど。

なんにせよ、ちょっと一目が気になるのが難点。

 

 

第二位「おでん屋でビール」

f:id:noza-nora-sr:20170227185712j:plain

(写真のセンスが無い)

 

これはもう、美味しさが突き抜けている。

やっぱり店で飲むビールは格が違う。

滅茶苦茶おいしくて、幸福度で言ったらナンバーワン。

 

このために生きれる。

これをゴールにしたら毎日を頑張れる。と思った。

 

ただ、お店でご飯を食べながらスマホをいじるのもあれだし、喋りにくいタイプのカウンターだったしで食べてる間やることがなくて超暇。

それはそれで料理を集中して味わえるからいいんだけど(笑)

こういう居酒屋は、一人で行くより二人くらいで行く方がいいですね。

 

ちなみにお店は大井町の「八幸」

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13108429/

 

 

 

第一位「ホテルの部屋でビール」

f:id:noza-nora-sr:20170227193039j:plain

(だから机周りが汚い)

 

いやもうこれが一番。

総合評価で断トツナンバーワン。

まず、コンビニで買うから一番安上がり。おでん、ビール、鰆の西京焼きで800円。

(個人的にコンビニはセブンが一番だと思っているので当然セブンで購入)

 

もう、この安さとおいしさを知ってしまうと店で飲むのが馬鹿らしくなってしまうなあ。一人の時とかは特に。

 

あとは、一目を気にしないでいられるのが最高。なんてったって部屋に一人だから。ひとなんて自分しかいない。

だから、「うんめぇ~」とか「しあわせ~」とか心置きなく独り言を言って幸せを嚙み締められる。

スマホもいじり放題だし、なんならテレビも見れるしで退屈もしない。

結局それが一番、気を張らなくてよくてリフレッシュになる。

 

 

以上。シチュエーション別、幸せなビール選手権でした。

まだまだピチピチの女子大生だから、お酒のことは全然詳しくないけど、これからどんどん研究していくゾ♡

 

疲れた心と身体を癒してくれるアルコールは、人生に欠かせませんねえ(´◉◞౪◟◉)

 

 

それでは。

『マリアンヌ』感想

映画 感想

f:id:noza-nora-sr:20170220212950j:plain

 

フォレスト・ガンプ 一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の名匠ロバート・ゼメキス監督のもと、ブラッド・ピットマリオン・コティヤールが豪華共演を果たし、過酷な時代に翻弄されながら究極の愛を試される男女の運命を描いたラブストーリー。1942年、カサブランカ。秘密諜報員のマックスとフランス軍レジスタンスのマリアンヌは、ある重大なミッションを通して運命の出会いを果たす。それは、夫婦を装って敵の裏をかき、ドイツ大使を狙うというものだった。その後、ロンドンで再会した2人は恋に落ちるが、マリアンヌは誰にも言えない秘密を抱えていた。「イースタン・プロミス」「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のスティーブン・ナイトが脚本を手がけた。(映画.com)

 

youtu.be

 

ブラッドピット主演。ブラ泣きでトレンドに。

f:id:noza-nora-sr:20170220213536j:plain

 

とにかく画がかっこいい。

ブラピとマリオンコティヤールというキャストなだけで美しさがすごいのに、それにゼメキスの技術が重なるんだからそりゃ美しい。

 

時代に翻弄されながらも愛し合った二人。

だが、時代が違えば彼らはただ幸せであれたのか。

 

あれほどまでに強い愛が存在し得たのはそれが有限だったからだと思い。

そうであって欲しいとも願い。

 

逃げ恥、あすこん等と時代に即して結婚へ悲観的な描写が多い昨今で、この映画での結婚生活はあまりにも理想的で、幻想的だった。

それは抗おうとする力があったからこそ成し得たのではないか。

 

あの時代だったからこそ成立した愛だったのではないか。

 

わからないけど、洋画は特に、結婚や愛についてとても楽観的だと思う。

だからこそsex and the cityのような愛に懐疑的な作品は珍しい。

 

マリアンヌは、感情を操り、利用する女性だった。

マックスは、感情を押し殺し、恐れていた。

 

故に誰も彼女の素顔を見抜けず、彼女の苦しみを理解できなかった。

 

「愛してるわ、ケベック人。」

それは、二人にしかわからない。

「愛してる。」

最初の夜に交わした。

 

なんだこのおしゃれな最後の会話は。

私だったら、

「うわああああああ死にたくねえええ!!!バイバイ( ;∀;)私の事忘れないでね( ;∀;)」

とか言って無様に死ぬ。

 

大切な人との最後の別れで、

洋画では「愛してる」と言い、

邦画では「ありがとう」と言うと聞いたことがある。

 

なるほど、この場面で「ありがとう」はあり得ない。

「愛してる」だからこそこの映画はこの映画であった。

 

弱みを持ってしまったスパイの末路はいつもこう。 

 

銃撃戦と心理戦が多いので、観るのに精神力と体力がいる。

 

 

いい映画でした。

 

 

名誉欲は、恐ろしい

日記

 

人間の三大欲求「食欲」「睡眠欲」「性欲」は、とても分かりやすく表れる。

ともすれば他人からも察知されるほどに。

容易に自覚できる。というか嫌でも自覚する。

 

これはもっと細かい欲にまで広げても大して変わらなくて。

物欲も、知識欲も比較的自分で持っていることもその大きさも確認できると思うんです。

 

 

でも、殊に名誉欲に至っては無自覚でどんどん肥大していくことが多いのではないかと不安になった。

承認欲求、自己顕示欲等、名誉欲もいろいろと細分化され得るが、どれも無自覚で実行される欲だし、他人から見て不格好に映りやすく、不快な思いをさせることも多い。

 

また典型的な例がたくさんあって、抑えようと意識していても、つい忘れたり、無意識に実行してしまっていたりする。

 

 

私は、名誉欲に起因する行動を「浅はかだ。」と感じてしまう。

人間、欲が資本なのにね。おかしいね。

 

でも、実際にそういう風に感じている人も多い気もする。

 

SNSで日常生活や記念日の報告をするカップルを辟易するし、権威のある人との付き合いを誇示する人にもいい印象は持たない。

 

どれだけ気を使っても、どこかで無自覚に認められることを欲してしまっていて。

だからと言って、それを表に出すことを怖がりすぎて、名誉欲への恐怖心の奴隷になってしまうのも本末転倒だし。

 

なんだろう。人間性かな。

もっと徳を積めばなんとかなるかなあ。

 

どうしよう、まとめれない。

この件何回やるの。芸が無くてかなC( ;∀;)

 

 

 

おやすみい(^o^)ノ