生き恥ニーチェ

明るくて根暗な女子大学生が需要もモラルも一切無視して思った事を黙々と書き続けるブログ

私たちのTwitterが戻ってきた!

お熱を出して寝込んでおりました。

わりと高熱で、金曜日からなかなか下がりませんでした。

 

しかし、私は実家暮らしで親のすねをむさぼっている身分であり、週末に予定を入れないプランフリーなライフスタイルなので病を患うことは特に問題がないです。

1日中寝て、食事を用意してもらい、それを食べてまた寝ます。

 

 

ただ一瞬背筋が凍りついたのは、母の言動。

 

彼女は、ここ半年ほど彼氏のいない私に向かって

「どこからもらってきたんだろうねえ、、誰かとキスでもした?」

と尋ねてきたのです。

 

どういうつもりでしょうか(憤慨)

たしかここ2週間ほどは誰かとキッスをした覚えがありません(大慌て)

自分の娘を何だと思っているのでしょうか(大慌て)

 

 

 

 

よし、本題に入ろうかな(大慌て)

 

タイトル通り、Twitterについてです。

ここから、何の根拠もソースも無い私の主観、感覚のみで語っていきます悪しからず。
f:id:noza-nora-sr:20170625182017j:image

 

1年ほど前まで、私はTwitterを憂いていました。

 

何故か。

その変化にです。

 

大学で関西に行った地元の友達が、関西弁になって帰ってくる。

大学で都会に行った地元の友達が、ブランド物を身につけて帰ってくる。

 

そんな感覚です。Twitterは、すれてしまっていたのです。

 

どんな風にすれてしまった?どんな変化?

 

疑問に思いますでしょうか。

思いますね。

お答えしましょう。

 

その変化とは、、、

 

 

 

リア充が増えた。

 

 

ということです。

 

 

 

そう、リア充で溢れていた。

 

流行り出した当初の彼はそんなんじゃなかった。

もっと、ヲタクやニートや童貞やメンヘラで溢れかえっていた。

 

不毛な人々が、時には日々の不毛さを憂い、時には自分の好きなものについて堰を切ったように語り出す。

そんな素敵な場所だった。安らぎの場所であった。

 

そんな時代のTwitterを、ここでは便宜的に古代Twitterと名付けよう。

 

※古代Twitter:2011~2013年頃

 

それをグラフにするとこうだ。

 

 

f:id:noza-nora-sr:20170625235258p:plain

 (出典:私の感覚)

 

 

しかしその後3年間ほどの、私が近代Twitterと名付ける時代のTwitterはどうであろうか。

 

やれ彼氏との写真。

やれ制服ディズニーの写真。

やれ海外旅行の写真。

 

と、リア充が我が物顔で侵入してきた。

 

なんなんだ彼らは。

写真ばかりではないか。

Twitterの画像は、アニメのキャプチャーしか載せてはいけないというキマリではなかったのか。

 

この近代Twitter、グラフにするとこうだ。

 

 

f:id:noza-nora-sr:20170625235838p:plain

(出典:私の感覚)

※近代Twitter:2013~2015年頃

 

一目瞭然でおわかりいただけるであろう。

リア充が多い。

 

これでは我々ヲタクは息が詰まるようだ。

しかも、1日に数ツイートもしようものなら

「頻度が高すぎる。」「うるさい。」「空気が読めない。」

と罵られる始末。

 

 

先住民を追い出し、その文化を否定し、リア充は、ネイティブ・アメリカンの住処を奪ったヨーロッパの民のように我々を迫害する。

 

あんまりだ。

こんな仕打ちは、あんまりだ。

我々はまた、2ちゃんねるという更なる闇まで後退しなければならないのか。

SNSという広い世界に、進撃することはできないのか。

 

 

 

 

しかし、絶望に打ちひしがれた私達の前に救世主が現れた。

 

 

 

 

 

 

 

Instagramである。

 

 

 

 

Instagramという素晴らしい文化は、Twitterからリア充というリア充を吸収した。

 

オシャレなカフェの写真も、彼氏との幸せそうな写真も、友達とのBBQの写真も、全てがInstagramに収束される。

 

その恩恵で、Twitterからリア充が消え去った。

 

今の円グラフはこうだ。

 

 

f:id:noza-nora-sr:20170626000231p:plain

(出典:私の感覚)

 ※現代Twitter:2016~2017年頃

 

 

 

 

こんな綺麗な浄化活動が他に見られたであろうか。

Twitterは、Instagramの出現という偉大な歴史的展開を経て、本来の姿を取り戻したのである。

 

なんと尊いことであろうか。

なんと歴史的に偉大なことであろうか。

 

 

 

こうして我々は、我々にとって居心地のいいTwitterを取り戻したのである。

めでたしめでたし。

 

 

 

 

酔っ払った勢いで書いたので多少の論理の甘さはゆるしてにゃん♡

 

おやすみ♡

 

文章が秀逸なブログ集

今日は、ブログソムリエであるこのワタシがこよなく愛するブログを紹介しよう。

 

はてなブログには類稀なる才能を持った文章力ゴリラがたくさんいます。

Image result for ゴリラ

ほんと、うじゃうじゃいます。だからはてな好きです。

 

その語彙力、構成力、視点、言い回し、知性、そしてほどよい下ネタと行き過ぎた悪ノリ。

そこはまるでコトバのワンダーランド!!

サア、ちょっと覗いてみよう!!

 

 1.もはや日記とかそういう次元ではない

manato-kumagai.hatenablog.jp

 

私が一番愛するブログ。

kumagaiさんという頭のぶっ飛んだ高学歴エリートが運営しているブログ。

このブログはまともな点が一つもない。

 

まずこの人の自己紹介はこうだ。

f:id:noza-nora-sr:20170623211419p:plain

 

そしてTwitterではこう。

 

 

なんということだ。私たちとまるで視点が違う。

彼は恐らく私たちには理解できないとても崇高な何かが見えているのだ。

 

ちなみにkumagaiさんのイチオシ記事はこれ。

manato-kumagai.hatenablog.jp

スタバにて、隣でだべっていた女子大生について深く考察しています。

 

個人的にはこの記事がお気に入り。

manato-kumagai.hatenablog.jp

早口言葉について深く考察しています。

 

 

2.真顔日記

diary.uedakeita.net

 

先ほどのブログと比べるともう少しまともな変人が書いているブログ。

あくまでも先ほどと比べるとというだけでこの方も立派な変人なのだけど。

 

上田啓太さんが運営されている。

最初にこのブログを見たとき、当たり前のように「上田啓太のブログ」と説明されて動揺と、何故か興奮を覚えた。

だいたいなんなんださっきの熊谷真士さんといい、バチバチの本名でブログを始めようという気合いが凄い。

 

イチオシ記事はこれ。

diary.uedakeita.net

短編のファンタジー小説です。

 

個人的なお気に入りはこれ。

diary.uedakeita.net

現代社会の解決すべき問題について論じています。

 

 

3.Everything you've ever Dreamed

delete-all.hatenablog.com

めちゃくちゃかっこいいタイトルだから、どんなかっこいい内容が書かれているんだ!と思うけどめちゃくちゃ文章力のあるただの日記です。

 

ほとんどの記事で、改行は一切無く、文章の最後に所要時間が記してある。

だいたい20分前後。滅茶苦茶はやい。

怒涛の勢いで書いているのが想像できる。

 

イチオシ記事はこれ。

delete-all.hatenablog.com

 

 

 

4.かんそう

www.kansou-blog.jp

今までのブログとはちょっと違って、日記だけじゃなくてドラマや映画の感想とか「〇〇ベスト20」みたいな記事もたくさんある。

文章のテンポが凄くいい。悪口言う時とか特に。こんなリズミカルに悪口書ける人は今後50年は現れないであろう。

 

感想は最近で言うと『逃げるは恥だが役に立つ』や『カルテット』

 

イチオシ記事は『シンゴジラ』感想。

www.kansou-blog.jp

たぶん見た人しかわかんない。

 

個人的に好きなのはこれ。

www.kansou-blog.jp

軽快な悪口にきっとあなたもやみつき!

 

 

 

 

以上、私の愛するブログ達でした。

性格至上主義者撲滅運動

梅雨が、思い出したように慌てて雨を降らせ、すぐに飽きてまたサボりだしました。

だらしがない。年に1回、1ヶ月やそこらくらい頑張りなさいよ。もっと真剣に雨に向き合いなさいよ。

 

まあそれはそれとして。

気まぐれな梅雨のおかげで今日の昼間はひどく晴れていました。

私は友達がいないので一人で昼食を食べていました。

 

穏やかな初夏の昼下がり、昼食を食べ終わった私は、友達がいないので次の授業が始まるまでベンチで本を読む。

木漏れ日が本の紙面に影を落とし、暗いところと明るいところが一緒になってゆらゆら動いているのが愛らしい。

 

 とても幸福な時間。

 

 

 

 

 

ふう。

おしゃれイントロダクションをやってみたくてここまで書いてきましたが、そろそろ力尽きてきました。

なので流れを変えて今から私の性癖を大発表します。

 

私は理屈っぽい人が性的に好きです。

 

何でもかんでも理論立てて考え、さもそれが他の人にとっても当然かのような姿勢で論ずる人です。

理詰めで勢いよく持論を展開されると興奮します。

あくまで性的に好きなだけで、人間として好きかどうかはまた別問題なのですが。

 

例えば朝ドラの『ひよっこ』で言うと島谷純一郎(竹内涼真)。

Image result for 島谷純一郎

慶応ボーイで勤勉な御曹司。

この登場シーンがいいんだ。

 

道端で小銭を落としたみね子(有村架純)が右往左往しながら探していると、そこを通りかかった島谷が落とした小銭を見つけ、みね子に渡して「そこにありました。」と教えてからこの大演説。

 

ずっと見てたんだけど、ものを探すときに君のやり方だと見つからないと思うんだ。なかなか(笑)

つまりね、例えば、ここに何かものを落としたとする。

そしたらまずこの一角を、絶対に無いと言い切れるまで探す。

で、次に。わかるかな?

君の場合、こっちかな?いや、あっちかな?、、、ないな。こっちかな?

全部が中途半端。あれだと見つからないと思う。

わかるかな?

 

たまたま通りかかっただけの他人にこれだけの長編説教。

屈折した親切心。大興奮です。

 

わかるかな?

 

芸能人で言うと、向井理とか佐藤健とか高橋一生とか。

 

みんなドイケメンだからわかりにくいか。

ブサイクで言うと小藪一豊とか。

 

そんな感じです。

 

 

気が済みました。今から本題に入ります。

余談が長くなりましたので手短に。

 

人の評価基準が「性格」な人を正義とする

 みたいな風潮を撲滅したいと考えている。

 

「顔じゃなくて性格で選んだ♡」とか「外面いいけど性格悪そう。裏ありそう。」とかのことです。特に恋愛で顕著です。

 

顔は生まれ持ったもので変えられないから性格で判断するのが正義とか頭狂ってんのか自分の言ってること少しは見直せよ性格だって生まれ持ったものだろうが。

 

百歩譲ってその人の立ち振る舞いとか理念とか努力していることとかセックスのうまさを評価するのはわかるわ。

 でも性格て。どうやって改善するんですか性格って。

 

ルックスなんて化粧やら髪型やら服装やらである程度は改善できるわ。

外面いいならそれで十分だわ。根本の性格は悪いけど人当たりよくしようと努力してるならむしろ評価すべきだと思うんですわ私は。

 

 

 

だから私みたいに屈折してて性根腐った女にも、友達はたくさんできるべきだし、彼氏と幸せな日々を暮らすべきだと思いますよ。

 

平日の夜にパソコンで本気のネットサーフィンしている今の状況はおかしいと思いますよ。

 

 

はいおやすみなさい。

 

楽しそうなインターン2017

 

梅雨らしくない梅雨の中、今日も人生の暇を潰す。

文系大学生、三年生の夏である。

 

当方、意識の低い大学生なので友達と一緒にいる時に就活の話が始まると白目をむいてその話題が終わるのをじっと待ちます。

スーツの就活生も、就活ポスターも、意識の高い大学生も大嫌いです。

就活なんてクソくらえです。

 

くらえっっ!!!えいっっ!!!

Image result for うんち

 

でもなんだかんだ言って就活の流れにも抗えないのでインターンを探すことにしました。

そしたらちょっと楽しそうなやつが何個かあったので気に入ったインターンだけ申し込むことにしました。

 

ということで、やる気のない大学生の目に留まった面白そうなインターンを紹介していくよ!

 

1.長野県警察

「刑事捜査体験」1Day

想定に基づいた事件に対する捜査を体験するプログラム。
警察捜査の流れ、根拠となる法規、捜査手続き、作成書類等について説明を受けた上で、警察署刑事課員として想定に沿った捜査体験。

人数:10名

対象:大学生、大学院生

交通費、報酬:無し

エントリー締め切り:8月14日

job.rikunabi.com

刑事体験ができるみたい。楽しそうだなあ。

報酬も交通費支給も無し。最早中学生の職場体験、或いはアイドルの一日署長みたいなノリ。抽選でエントリーできるからとりあえずしといた。

 

2.吉本興業株式会社

「デジタルコンテンツ制作体験」 

インターネット上で展開される情報メディアのあり方は”ソーシャルメディア”と言われ、個人による情報発信や個人間のコミュニケーション、人の結びつきを利用した情報流通などが盛んに行われ、常に新しいコンテンツが生まれてきています。
そのような「場」で、どうやって本気で遊ぶか、そんな好奇心をもとに、吉本興業所属芸人と一緒に、ソーシャルメディアを用いてコンテンツを企画・制作・編集を行い、Youtubeにアップしました。

人数:15名

対象:大学、大学院、短大、専門学生

交通費、報酬:交通費支給、報酬無し

エントリー締め切り:7月8日

job.rikunabi.com

仕事がいちばん面白い。吉本興業インターンシップ | 吉本興業グループ 新卒採用2017 あなたが未来のよしもとっ子!

 

よしもとの芸人とyoutubeの動画をつくるみたい。おもしろそう。

ただ倍率がすごく高い。とりあえず応募。

 

3.東宝株式会社

「映画作品企画」5 Days

映画の企画部門で職場体験。映画作品の企画書を作成。企画内容についてプレゼンテーションを行っていただき、社員による講評を行います。その他、撮影所見学やイベント見学などを予定しています。

人数:8名

対象:大学生、大学院生

交通費、報酬:交通費あり

エントリー締め切り:7月3日

www.saiyo-info.net

 

映画の企画ができるみたい。映画大好きだからおもしろそう。

これもとても倍率が高そうなのでとりあえず応募。

 

4.株式会社リカーマウンテン

マーケティング・イベント企画」1 Day

リカーマウンテンはお酒の総合商社として、 飲食店のメニュー開発やコンサル 、プライベートブランド展開 、お酒に関するイベント企画など様々な取り組みを行っています。
お酒を通して社会に良いことがあるような、マーケティング・イベント企画をしていただきます。

人数:十数名

対象:学部、学科不問

交通費、報酬:無し

エントリー締め切り:7月31日

job.rikunabi.com

 

言わずと知れたお酒の商社。

お酒大好きな私は迷わず応募。

 

 

 

 

面白そうなインターンはたくさんありましたが、往々にして倍率が高い上に、やる気の無い大学生なのでエントリーシートを出す面倒くささに勝てそうもありません。

 

就活がこわいです。どうしましょう。

 

ああしまった。最初の画像うんちにしてもうた。どうしましょう。

 

彼氏いらないとか一年ほど言ってたけど

欲しいわ。普通に。

 

「ぶっちゃけ、彼氏じゃなくても大抵のことはできることない?」とか言ってた。

アホか。できるか。

 

映画館でビックリしたシーンでどさくさに紛れて手を握ったり、一緒に行った旅行の写真でLINEのアルバムが溢れかえったり、夜ふとした瞬間に起きちゃって秘密裏にキスしたりとか、できないわ、普通。

そりゃ、彼氏じゃなくても甘い雰囲気だせて一緒にいる人を超絶好きだと思い込んで愛しさMaxになれる奇天烈女もいるよ世の中には。

でも普通の感覚持った乙女はそんなロマンチックな空気味わえないのよ彼氏以外と。

 

そんで一年もそんなロマンチックな気分を味わってないと、女の子としての大切な何かを失うのよ。

 

そらこんな下品な文体になるわ。

さっきの彼氏にしかできない事の例で「セックスで先手とったり」とか書こうとしちゃうよ。なんなんだよ結局書いちゃったよ。

 

 

ていうか何?恋人いる人といない人の社会的役割違いすぎない?

なんか根本的に扱いが違うよね?

 

例えば、何年間も彼氏がいなかったいじられキャラの子がいるとするじゃん?

ほどよい自虐で男女ともに愛されてるの。

でもある日突然超絶イケメンの優しいエリート彼氏ができるの。

そしたらもうその子そうそういじられなくなるからね?

なんかあっても「まあイケメンの彼氏いるし」ってなっちゃうからね?

その子、いじられキャラとしての役割失うからね?

 

 

考えすぎ?そうかもね!!

でも誰がなんと言おうと、彼氏欲しいから!!私!!!

今時珍しいほどに彼氏欲しいからね!!!

 

Image result for 沢村一樹

 

好き。無理。

 

Image result for 沢村一樹

美しい。

Image result for 沢村一樹 ひよっこ

かわいい。無理。

 

 

てか最近周りにカップルが多いわ。

おやすみ。

 

映画『追憶』感想

映画『追憶』を見てきた。

岡田准一小栗旬、ただ立っている様子を二時間映しただけで一本の映画が出来上がるほどのポテンシャルを持つ二人の映画。

 

その2人がちゃんと演技をしていて、しかもなんと嫁がいる演出。萌える。ストーリーまでついてる。

見る意外の選択肢は無かった。

 

youtu.be

 

小栗旬

「関係ないと言ってるだろう!」

f:id:noza-nora-sr:20170611232553p:plain

がこの上なく小栗旬

 

声の出し方とか、抑揚とか。

小栗旬すぎて最早おばたのお兄さん

Image result for まーきの

本家を超えた本家感あるモノマネが好き。

本家見てる時に「あ!これモノマネに似てる!」って思ってちょっとしてから「あれなんか違うな、、逆か?」ってなるのが好き。

 

それはそうと『追憶』

トーリー展開はほとんど予告版のそっくりそのままだからそこまでドキドキはしなかったけど、感情やら会話の描写がとても丁寧でよかった。

 

この物語では、誰も自分の過去や苦しみを愛する人と共有できない。

それぞれに悲しみを抱えていて、それが結局相手を傷つけることや関係を悪化させることを繋がってしまう。

 

苦しんでいる原因を隠され、それに触れることができないことの寂しさ。

ただ苦しんでいる姿を見ることしかできないのは、それが愛するひとであればあるほど耐え難いことなのかもしれない。

でもそれは「何とかしてあげたい」っていうエゴかもしれないし。

そもそも何かネガティブなことを、相手と自分のためを思って胸にしまっておくっていうのもエゴなのかもしれないし。

 

悲しみを共有するのって難しい。

 

お互いに愛し合ってて思いやりあってるのにうまくいかないの寂しすぎ( ;∀;)

恋ってむつかしいな~~~( ;∀;)

 

 

 

 

 

お気に入りボケて殿堂入り集

今日は1日中やる気が出なかったので文字通り何もしないで1日を過ごした。

 

漫画を読んでYouTubeを見て、テレビを見てTwitterを見てと言った具合だった。

 

YouTubeでイッポングランプリを見て大喜利へのモチベーションがグングン上がったから、昔使っていたボケてのアプリを再インストールして殿堂入りの欄を流し見してみた。

 

すっごい面白かった。

ので数枚載せることにした。

 


f:id:noza-nora-sr:20170522005841j:image

殿堂入り1位。文句無しの1位。

シュールという言葉はもしかしたらこの1枚のために作られたのかもしれない。

 


f:id:noza-nora-sr:20170522005938j:image

個人的にはこれが一番好き。

「あ」じゃなくて「あ"」を使う細やかな心遣いもアッパレ。

 


f:id:noza-nora-sr:20170522010035j:image

ジワジワくるタイプ。

 



f:id:noza-nora-sr:20170522010123j:image

対してこれは瞬発力タイプ。

 


f:id:noza-nora-sr:20170522010108j:image

最後はなんか、悲壮感を秘めたなんとも言えない大喜利

 

 

 

 

IPPON!!!!!!!!