生き恥ニーチェ

恥を積みながら生きてます。

スノボ納め、あとインスタいいね

 

instagramには業の深いものが溢れている。

 

最早写真そのものになんやかんやと言うつもりは無い。

instagramの、ナルシシズムに富んだ写真の投稿は昨今では既に文化として確立しつつある。

こうやっていちいちイチャモンをつけている私も、その潮流に便乗して粋っぽい写真を投稿することを楽しんでいる。

 

 

ただ、、、、

 

写真に付ける文章(キャプションというらしい)だけは納得できない時がある。

 

 

♯instagood ♯instalike 等のハッシュタグをつけることにもギリギリついていける。

 

ただ、、、、

本文から少し外れるのをいい事に、♯後の語句で大暴れする投稿が度々伺える。多々ある。

 

 

 

今回どうしても看過できなかったハッシュタグ

 

 

 

♯スノボ納め

 

 

 

 

 

 

いっっっっww いやそれっっっっwww

スノボ納めてwww

 

なんなん仕事納め??みたいな??

 

いやいや仕事納めっていうのは毎日毎日仕事してる勤労者が年末に納めるものであって、せいぜい5回か10回くらいのスノボは納めるものでは無くて(^^)

 

てゆーかそんなこと言うような輩はだいたい12月くらいから滑り始めてるわけで(偏見)

年またいじゃってる~~~(^^)

 

納めの定義~~~(^^)

 

~~~~~~~~(^^)

 

 

 

 

 

 

とここまで散々に言い散らかしましたが、別に ♯スノボ納め が凄い憎いとかではないです。

ただ、ちょっと引っ掛かったのを言い出したら止まらなくなっただけです。

 

 

 

 

それはそうと、instagramいいね機能の概念の崩壊も、看過できない問題だとおもうんですよねえ。

 

twitterいいねはまだ、「いいね!」の気持ちが込められていると思うんですけど、instagramにおけるいいねにはもう、あるべき「いいね!」の気持ちが消滅していると思うんです。

 

私の友達のほとんどは、instagramのいいねを各投稿初見で1秒もかけずに押します。

 

あの、ダブルタップしたらいいねできてしまうという便利機能の弊害だとも思うんですけど。

 

 

 

みたら即座にいいね

 

 

 

もうその❤には「いいね!」という気持ちは込められていない。

 

 

そんな空っぽないいねをもらって、あなたは本当にうれしいですか?!

 

心は、、、、、満たされますか!?

 

魂を込めたいいねが、、、、、、

 

❤が、、、、、、

 

欲しくないんですか!?

 

 

 

 

 

f:id:noza-nora-sr:20170411205816p:plain

 

 

 

 

ここまでを一通り頭の中でやり終えた後、私は ♯スノボ納め の投稿にいいねを押すのであった。

 

そこには一切の感情も無く。

ただ空虚な♡であった。

 

 

end